スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つ峠攻略

久々に旅系のブログでも書いてみる。
今回は三つ峠登ってきましたのでその感想。

Q:なぜ三つ峠なの?
A:禁則事項です。
  ヒント↓
  B1r102eCYAIu9se_20141106110344909.jpg
  これとは違うルートだったけど。

メンバ元職場の人で構成されるT山岳隊
T隊長チャリ走り屋。登山も大好き?
他隊員運動嗜む系の人たち。不定期参加。登山経験無し、少しある人も。
自分現在ヒキコモリの為、最弱。登山経験だけは他メンバよりある。


 天候:曇り、時々晴れ間。
 コースルート:ロープウェイ→三つ峠
 コースタイム:片道約2時間半。


 雲に覆われたmt.fujiを拝みつつ河口湖の駐車場に車を止めロープウェイで天上山まで。リア充様達は、ロープウェイ駅の展望台で大満足でその先には御行きにならないようです。
 神社のうさぎ様に無事を祈りつつ出発。
DSCF4739.jpg

天上山からひたすら尾根道みたいな緩やかな登山道を黙々と行進。結構、細い道で落ち葉で地面が見えないけど、石でごつごつしてるわけどもなく比較的足場は綺麗。
DSCF4749.jpg

途中鉄塔でお昼休憩。
魚肉ソーセージ、ドライマンゴー、アクエリアス。完璧!
此処から御富士様拝めるらしいけど、御雲様が遮る。
DSCF4747.jpg

ミステリアスな雰囲気の中、地味な上り坂をだらだらと登り続ける。
DSCF4759.jpg

今回は余裕だなと思っていたら、いきなり急斜面...。
こゝろが折れるほどの長い上り坂。酷い。キツい。
T隊長のハイペースを防ぐため、自分が先頭歩いてダラダラ歩いてたのに、休んだ拍子に抜かれる、
嗚呼、終わったな...、と思ふ。
皆さんも順調についてくる、、自分一人ばてる。

やはり、経験知識装備は万全でも、絶対的な体力には劣ります。
これほど迄に体力が落ちていたとは...。
疲れた、足痛い、寒い、どうしてこんなとこ来ちゃったんだろう、、
と、あ○いちゃんよろしく愚痴をこらえ黙々と登る。
まあ何時もの事。

なんとか、山頂手前。
断崖絶壁のビュースポット発見。
妙義山を最初思い出したけど、筑波山の女体山山頂に似てる。
下を覗くとガクブル。
そして奇跡的に御富士様が神々しいお姿を御見せ下さった。

御富士様!
木花咲耶姫様!

DSCF4787.jpg


雲海に浮かぶ天照大神、木花咲耶姫、、。
DSCF4799.jpg

男尊女卑の割にこの国のは女神様に守られてるんだなw
あ、そうか、、
女神信仰⇒女神は他の女に嫉妬⇒男尊女卑の流れなのか?!
トップが女ってやっぱり怖いんだ...。
でもこの女神信仰を作ったのは男か?いや、、卑弥呼か?

閑話休題。

そんなこんなで山頂到着。
DSCF4807.jpg

少し休憩して下山。
帰りのルートは、当初、来た道戻る予定でしたがロープウェイの最終に間に合わない&そこに登山道があるのか不明の為、浅間神社へ降りるコースでそこからバスで駐車場迄に変更。

下山道は果てしない急な下り坂。たぶん、此処は登れないだろうな...てくらいの。

で、日が落ちてきて段々ヤバい雰囲気。
ブレてるけど、何とも言えない異様な禍々しい雰囲気。
樹海の呪いが此処にまで?w
DSCF4821.jpg

途中林道と下山道に別れ、下山道を選択。
滝を拝みつつ、下山道を下る。

これが母の白滝か?これが滝なら、都内は滝だらけだ...w
DSCF4817.jpg

と思ったらまだまだ先だった。
足場の悪い超急斜面を下る。
これ、また登るなんて事ないですよねヘラヘラヘラ〜とか言ってたらまさかその通りになるとは...

これが本物の滝か?
DSCF4824.jpg

と、ここで気づく。
確かに険しい道のりではあったがあまりにも酷い。

ほんとにこれ下山道なのか?w

ほどなくして、印(ピンクのアレ)は見えても道が消える。暗くて見えなかったのかもしれない。
隊長に分かるとこ迄戻る事を進言。
引き返す事を決定。途中の林道からバスで降りられるらしいのでそこへ向かう。

暗闇の中、道に迷いかけるとは、なんて胸熱な展開!

とか思ってるのは自分一人のようで、みんな切ない感じ。

そしてデスマーチが始まった。

方向音痴な自分としては隊長についていくしかないわけですが、焦ってるのもありハイペース。
真っ暗闇で置いてかれたら死ぬw
死にはしないけど、世が明ける迄0℃前後の森の中を野宿決定になるのでついていくしかないのですが。
上り坂を先頭集団に後尾集団が必死で着いて行き、
距離が開きすぎると先頭が止まって追いつくのをまって再び歩き始める。

でもそれって、先頭は自分のペースで休めても、こっちは限界領域で歩き続ける上に休む暇なくね?w
まあ、ローペスに合わせて休んでたらバスもなくなるかもしれないから、限界に挑戦するしか無いわけですが。

なんとか上り坂を超える。
そこから林道への分岐点に戻る。ちゃんと下山道って標識あるのにどこでミスった?w
でダラダラと林道を下り始めます。

ところで暗闇ではiPhoneが大いに役立ちました。iPhoneライト明るすぎ。

遭難だって防げる、iPhoneならね☆

山にdocomo?の基地局もあってLTEも入るし、GPSで場所分かるし、
ある意味、神社のお守りよりiPhoneのが守ってくれるわw

いや、たぶん、神社お守りは樹海の呪いの影響を最小限におさめてくれたのだ!

ライト持ってこようとは思ってたけど、そんな暗くなる前には下山出来る予定だし、少しでも荷物は減らしたかったから、まあまあいいかな、と思ってはいたけど、これからはどんな時でも懐中電灯は必須アイテムになった。特に日の入りが速い冬場は。

しばらく歩いて、ガードレールが見え、気分が楽になり、街灯が見えてやっと助かった、と一安心。
浅間神社で感謝とお礼をしてバスで駐車場迄。

その後、温泉へ。みんな明日仕事なのに時間的に大丈夫なのかと思いつつも、温泉は乗り気。元気だな。
十代にして既にリア充ぽい連中に紛れて富士急の隣りの温泉へ。

露天風呂が女湯と壁一枚で仕切られていたわけですが、
若いギャルが胸の大きさについて喋ってるのが聞こえるとか、なにこのアニメ的な展開w

でもまあ見知らぬギャルのそんな話を聞いた所で高ぶらない年頃ですので。ただの空気の振動だし。
となりで悶えてる若人。

.........
......
...

bitch!!
Son of a bitch!!
fuck'n people!!
mother fuckerrrrr!! byザック
freedoooooooom!! byザック

そんなこんなでほうとう食べてめでたしめでたし。
遭難未遂、露天風呂事件、2つも人生初体験な胸熱登山でした。
そして今日は痛いより怠い筋肉痛に悩まされましたとさ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Digital itako

Author:Digital itako
Digital itakoのブログです。
御祭神であり御本尊であり巫女でありボーカルであり良き理解者でありパートナーである御ミク様と充実した音楽ライフを送っています。
ニコニコ動画
(http://www.nicovideo.jp/watch/sm2870407?group_id=14972220)
PIAPRO
(http://piapro.jp/Digital_Itako)

Digital itakoバナー
バナー2
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者
最新記事
カテゴリ
U-01のTwitter
Digital itako 時々 U01
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。