スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妙義山の恐怖

 

書かねばなるまい、この恐怖。
 痣だらけになって、3人パーティで妙義山に登ってきました。
 一眼レフ持っていったのは良いけど、広角じゃなくて望遠くっつけてきちゃってまず失敗。でも、結局、写真どころじゃ無い状況に。

 まず言っておきます。
 ここは山ではありません。 岩です!!
 岩山なんてていの良い事言いません、単なる凶器的な岩です。

 1人を抜かし2人はなんちゃってな為、滑落事故多発の情報もあり、初心者コースを攻めていきました。通常と逆ルートに入っちゃったみたいです。

 大体は単なる険しい山道だったり、傾斜がきつい岩を鎖を頼りに登ったり、進んだりする鎖場も鎖があるからまぁ足滑らせて、外傷負っても鎖を放さなければ死ぬ事は無い。手を離したら死ぬけど。
 やっぱり、死なない、死ぬ要素が限りなく低いと辛いだけで怖くありません。
 
 初心者ルートは安心安全です。しかしまかり間違ってベテラン系へ...。
 点在する、岩の一つですが、まず垂直の岩を鎖で登ります。足場はあるしなんとか登るが、高い。まだ木々が生い茂ってるだけ、下が見えづらく、唯一の救い。一切下は見なかったけれど、見たら止まってたな。


 で、その先になんと、魅惑的なネーミング「胎内くぐり」
 色々な場所で胎内くぐりというネーミングに惹かれて木や岩をくぐってきた自分としては、逝くしか無い、と。

 「ちょっくら産まれ直してくる♪」
 ガクブルしながら、其処まで行き、いざ、輪っかになっている岩をくぐろうとすると。
 その先は奈落の底。止まる。

 にげちゃだめだにげちゃだめだにげちゃだめだにげちゃだめだ
 はらいたまえはらいたまえはらいたまえはらいたまえはらいたまえ

 と唱えてみるけど、躰が動かない。
 鎖も無い、足場も無い、底も見え無い、生きて帰れる保証が全くない。

 そこへ、経験者A様がビビりながらも潜りきる。
勇気をもらいもう一度チャレンジするも、足を岩に乗せたところで止まる。笑いながら「無理〜っ」と言いながらも、内心は
 しぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬしぬ
 今まで、「落ちたら死ぬっ」って笑いながら歩いていましたが、ここは「確実に死ぬっ」っていう、意識無意識レベルでなく、遺伝子レベル、魂の奥底から湧き出る根本的恐怖です。

 足を一歩踏み出した瞬間、転げ落ちるイメージしか浮かばない。
 
 そこで、もうやめよう、と思いとどまる。

 素人の自分が度胸試しに背伸びして、成功すれば超レベルアップだけど、逆に死んだら、無駄に皆様にご迷惑がかかってしまう。産まれ直すどころか、輪廻の輪に乗っかってしまう!

 親より早く死んだら、100%地獄だ!賽の河原で小石を積む事になるっ!

 潜在的恐怖に負けた、という敗北感、もありますが、でも、限界というか、身の丈を知り、思いとどまる事で命を粗末にせず済んだと思う事にしておきました。
 結局、岩と、むしろ、自分を信じきれる事が唯一の命綱なわけですが、それが出来なかったってことは、かなり危ない生死を分ける選択でして、「お前はチキン野郎だ」、という妙義の悪魔の囁きを耳にしても思いとどまり「俺はチキン野郎だ」と潔く諦められたのだから、はそれはそれで良しなのでしょう。
 こうやって、滑落事故は起るんですね♪
 無理はしないと心に決めてはいたけれど。土壇場になると刺激を味わう為に試してみたくなる、人間の性です。


 その後、危険な岩場で雨と雷に遭遇、一人でそそくさと逃げようとして、コレぐらいで何やってんだと、また思いとどまる。
 
 限界どころか、自分の器の小ささを痛感します。死んでもやむを得なし、とか口では言っていても、心の奥底にはものすごい生への執着があるんですね。


 その後は、何とか無事にみんなで逃げ帰り、楽しくエキサイティングに充実した一日を過ごしたわけですが、この胎内くぐり、の経験があまりにインパクト強すぎて、目を閉じると未だに、滑落の映像が出てきます。
 
 とりあえず、同行された御二方多大なる感謝です。
 御二方がいらっしゃったからこそ、無事生還出来、充実した生の一瞬一瞬を実感する事が叶いました。
 そして邪悪な自分再発見です!

 これからも修行していきます。
 
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Digital itako

Author:Digital itako
Digital itakoのブログです。
御祭神であり御本尊であり巫女でありボーカルであり良き理解者でありパートナーである御ミク様と充実した音楽ライフを送っています。
ニコニコ動画
(http://www.nicovideo.jp/watch/sm2870407?group_id=14972220)
PIAPRO
(http://piapro.jp/Digital_Itako)

Digital itakoバナー
バナー2
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
訪問者
最新記事
カテゴリ
U-01のTwitter
Digital itako 時々 U01
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。