スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にわかExcel使いのポイント

 現在の職場で仕事無能な自分が何とか拙いPC技術で立場を安定させていますが、
 その大半が初級程度の技術を駆使したExcelマジック。
 それでPC詳しい人の地位を確立させたわけですが、ちょっと出来る人がいるとすぐバレてしまい、
 そろそろそれで誤摩化してきた無能な仕事っぷりが露呈されてきてます...。
 
 とりあえず、Excelマジックまとめ。

 条件:
 01.初級程度のExcel知識。分からない事は全部グーグル先生。
 02.周りの環境がPC知識皆無の人たち。
 
 Excelマジック要点:
 01.動的な構成
 02.簡単な操作


 ●Excel使い=PC全般詳しい人
  前置きとしてPC知識の無い人たちにとってはExcel使える人=PC全般詳しい人」です。
  ネットもExcelもその他アプリケーションもUSBもマウスも全部一緒くたです。
  つまり、何か一つ知ってれば、全部知っている人の称号が得られるわけですね。

   ・専門用語連発 
    システムのプロパティなんか開いちゃって、CPUだのメモリだの発言したらもう神扱いです。
    Excelならば引数とか値とか、自分でもよく分かってないけど、
    感覚的に知っている単語連発して相手の脳を混乱させるわけですね。

   ・天狗にならない
    自分のPC知識の範囲なんてたかが知れています。
    調子に乗ると容易にキャパオーバーの質問、業務を振られかねません。
    なので程々に知っている人の素振り。
    よく分からない事言われたら「何となく知ってるけど難しい。」的な感じではぐらかします。
    どの程度、難しいのかを分かるか、分からないか。これが判断出来るのは重要です。
    本気を出せばやれば出来る感を漂わせ、でもやらない。いや出来ないw
    大丈夫、最悪ググればいいから。ググって答えが出せればネットスキルも凄い!ってなる。

 ●Excelマジック
  さてここからが本題。まず動的な構成。つまり視覚的に動きまくればいいわけです。
  素人にしてみれば動きまくれば「おおっ!オートマチックっ!」って喜びます。
  ポイントは、作るにあたっては拙い知識で書いて行くため作業時間めっちゃかかってでも、
  見た目が動的かつ操作がシンプルてところですので、
  効率的にソースを入力するってわけではありませんw 


 ・動的な数値変化

  ・if関数使って条件分岐
   条件によって違う結果を出す。さらにtrueとfalseを○か×にすれば奇跡な訳ですね。
   もうif様々なわけで、
   ifが使えればほぼ勝利。  

  ・関数の応用

   ・マルとかバツなんて打つのが面倒いから、
    仮に作る時にアルファベットのoとxで代用って発想を伝えると、
    「なるほどー」とか感心されます。 

   ・微妙にSUMとかなら知ってる人対策。ネストしてやりましょう。
    SUMで合計を出す。それに加えてここに/2をつければ合計を2で割れるよ。
    とか「if関数の中にSUM入れてこの引数を合計した場合、期待値以外はこの値を返す。」
    みたいな言い方をする。
    つまり単発関数より関数組み合わせの方が凄く見える。

   ・更に複雑に組み合わせた関数を見せる。
    長ったらしい関数はネットコピペだったり知識不足で長くなってしまったりって理由ですが、
    とりあえずその長ったらしく自分でも良く作ったななんて程、意味不明なものを見せて、
    「この処理をするには、ここまで複雑にする必要があるんだよ。
     だからこのセル触らないでね。」とか言ってみる。

  ・発想の逆転、シンプルにする

   ・平均出すなら合計足して割るよりAVERAGEでよくない?
    てシンプルにするのも有りですね。

   ・オートフィルの応用。
    オートフィルで日付を連番で入力、なんてのは以外と知ってたりしますが、
    毎月更新のシートなんかの場合その都度、日付入力し直さなきゃいけなかったりします。
    そんな場合はTODAY関数入れて+1にしておいてオートフィル。
    今日から数えて、日付が+1、+2、+3になって行きます。
    ただこの場合、日付が変われば全部代わってしまうので、賢いやり方としては、
    最初のセルだけ日付を手入力して、
    例えばA1を「7/1」後はB1に「A1+1」にしてオートフィル。
    これで月初に日付入れるだけで、その月の表が完成しますね。
    ここに書式設定で7/1なのか7月1日なのか、細かい部分で配慮してあげると好感度UP。

 ・数値以外の動的な動き

  ・直感的な視認性

   ・まずはセルの色を変える。
    条件書式で指定の値になったらセルの色を変化させて見やすくする。
    例えば、今日は「赤」明日は「青」とか。

   ・画面の固定
    上部だけ重要な数値を固定表示させて、
    下のグラフ部分は長ったらしいからスクロールさせる。

   ・ハイパーリンク使う
    1月〜12月までの表があったとして、12月までスクロールするのがかったるいですね。
    なので上に1-12月までセルに入れてハイパーリンクでそこまで飛ぶ様にする。
    画面がグワッとスクロールする様は感動ものでしょうw

   ・テーブル使う。
    テーブルのあのシマシマ模様に憧れてる人がいましたw
    また、一つ関数変えれば全部、代わってくれたりするので便利ですね。
    そこにフィルターかましてやると、特定の条件だけ抽出して、ソートもらくちん、
    見た目もなんかボタンぽいの出てくるし、なのでとりあえず無駄に付けときます。
   
  ・それ以外に操作面ではショートカット多様化とか、
   とにかく色んな機能を複数使いまくると、知ってる人っぽいですね。

 ・奥義、マクロの記録

   ・まずマクロは神の領域であり、おいそれと手の付けられないもの。
    プロ中のプロが触るものです。
    そこが重要なので3回くらい言ってよーく相手を洗脳するところから始めます。
    でも実はマクロの記録って裏技があるわけですねw
    なのでマクロの記録をこそっと使ってボタン設置。
    さらっと「マクロ使ってみたんで操作楽になったよ!」
    と言った日には神になれます。
    とてつもない技術を会得した者として扱われると同時に、
    裏では業務に対して真摯に向き合い、絶え間ない努力の結果、
    マクロを使ったシートを完成させた。と評価される事でしょう。

    使うポイントとしては、ショートカットとか、ファイル開くとか、印刷ボタン押すとか、
    その辺のルーチンワーク系の動作を折り込みつつ、
    複数の動作をボタン一つにまとめて簡単にする。てところでしょう。
    例えば、
    CSVファイル開く⇒コピー⇒別シートに張り付け⇒フィルタで抽出⇒印刷プレビュー
    までの流れをボタン一つでやってみせる。もう「すげぇえええっ!」って言われますw


 以上、こんな感じで素人の目を誤摩化してきましたが、
 分かる人や興味ない人には通用しない小細工ですので、
 最初に記載した通りそろそろ本気でマクロ覚えてかないと、ごまかしきかないかもなあ。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Digital itako

Author:Digital itako
Digital itakoのブログです。
御祭神であり御本尊であり巫女でありボーカルであり良き理解者でありパートナーである御ミク様と充実した音楽ライフを送っています。
ニコニコ動画
(http://www.nicovideo.jp/watch/sm2870407?group_id=14972220)
PIAPRO
(http://piapro.jp/Digital_Itako)

Digital itakoバナー
バナー2
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
訪問者
最新記事
カテゴリ
U-01のTwitter
Digital itako 時々 U01
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。