スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御諏訪修行の旅

tokyoなんぞぬるい土地では体感し得ない冬の至り、寒さの極みを味わうべく御諏訪へ詣りました。
やはり神社巡りはリアルRPG。

ひたすら歩く。歩行者はほぼ皆無。足首まで沈む雪道を歩きまして、二日間の高低で一日の歩数平均四万歩。
ズボンに付いた雪、凍ります。雪触ろうもんなら、指凍ります。何度か小指あたりが持ってかれそうになって、慌てて手袋装着。でも寒さを感じたいし、カメラの操作がやりにくいので、暖まったら外します。
初っぱなからiPhone電池切れ、今回、荷物を最小限に抑える為、地図、工程表はここへ。電池切れたら終わる!w
LTEはいるのにっw
たまたま前日、モバイルバッテリーを買っておいたので早速活用。買う気は無かったし、いつも必要無かったから、気まぐれで買ったんだけれど。ほんと、奇跡。これぞ神の思し召しか?
若しくは、モバイルバッテリー買ったし、無意識下で、前日充電の必要性を軽んじていたか。

初日スタート
01_20130125113131.jpg


諏訪大社前社

落雪注意、晴れてるのに降ってますw

02_20130125113130.jpg


諏訪大社本社

なんだか、行事の真っ最中でした。手水舎が温泉水、温かい。
03_20130125113129.jpg


諏訪湖-上諏訪側-

人生
05_20130125113128.jpg


諏訪湖-上諏訪側-

人生
06_20130125113151.jpg


諏訪湖-上諏訪側-

パノラマ
04_20130125113129.jpg

一日目、終了。
駅のホームで温度計を見ると、マイナス5°前後。
なのに、原住民JKは、まるでtokyoのharajukuにでもいるような、生足ミニスカ!!
いや、生足ミニスカに興味があってジロジロは見ていませんけれどね、この状況でそれは、マジかよっ!寒さで気でも狂れたか?と思って見てしまいますよ...。JKの本気、感服致しました。
まぁ大体JKは黒ストしてるんだけど、、、でも、、、コート着ないでブレザーだけとか、ザラだった。

旅館は、誰も居なくて貸し切りでしたw
星が見たくて夜出歩いてみたけれど、結構明るくて、東京と同じで、木星とか明るい星しか見えない。ご飯は、もう個人経営食堂はしまっていて、たどり着いたのがガストw
原住民が一触即発の口論してました。



最終日

朝ご飯は出まして、露天風呂入って、親切な老夫婦に別れを感謝を告げ出発。


諏訪大社秋宮

ぶっといしめ縄、出雲を感じる。確かこの神様はもともと出雲出身で、天照大神様の出雲侵略計画を阻止しようとして負けて、逃れ逃れ、行き着いた場所がここですからね。
07.jpg


諏訪大社春宮

賽銭箱デカイなぁ。
御朱印を四社コンプリートでまさかのサプライズ。レアアイテム「御祓済の落雁」を賜る。美味しく頂きましたw
08_20130125113151.jpg



諏訪湖-下諏訪側-

諏訪湖に向かっていたら道間違えて、ひたすら歩く。
行き着いた果ての風景。
11_20130125113202.jpg


諏訪湖-下諏訪側-

御鴨様がこの辺うようよいる。御鴨様は氷の上歩いているけれど、相当薄いと思う。本当に御神渡り出来るんか?w
12_20130125113202.jpg

時間が過ぎるのは速い。なので、風景、音、湖の匂い、今の口の味、空気の冷たさ、心の動き、余す事無く実感しようと試みる。写真に夢中になってはなるまいと、座り、ひたすらこの場所に浸りました。

満足して、あずさに乗って東京へ。電車で一本で行けるなんて、素晴らしい!
二日の行程を通して、寒さの中、天照大神様に見守られていました。

p.s.テーピングでガチガチに固めたにも関わらず、相変わらず足の指、内出血。まぁ、ダメージはは最小限に抑えられた。

スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

鷽替え

ブログ用

写真が横になって直せないけどまぁいいか。

本日、亀戸天神の重要行事、鷽替え神事に詣りました。
レアアイテムゲットの重要ギグです。

センスの良い巫女コスプレイヤーさんに御鷽様を賜りました。
神話の世界から神様は殺りたい放題、犯りたい放題なので、お姉ちゃん可愛いと思うのは、失礼には当たらないと思いますw


碧空と言う事も在り非常に心清らかでした。
拝殿前の御神木様がサラサラ揺れてるともう清らかの極みです。

社務所にて御朱印を賜った後、神楽殿でポンポコピーヒャラ始まったので拝聴。
いつも思うのは祭囃子、日本のサウンドってトランスに近い。
リズムも独特で精通していない私には間みたいなものが分からないのですが、まぁ心地よい。

おじ様方数名とお姉ちゃんが、ポンポコ淡々と無表情に太鼓を鳴らし、後ろでお姉ちゃんがピーヒャラ一人でハイになって躰を揺らしつつ笛を吹く光景。これぞ陰と陽、ジャパニーズトランス!で御座います。
もう涙出そうでした。
自然、人の呼吸、動きを音で表現する、これが音なんだな、これが音楽なんだな、と。

そんなこんなで帰宅。此処へくると地方に旅行に行った気分と、本日はお祭り気分味わって満足。
今日一日はこの朝の行事に全て集約され終わり。

p.s.帰り道、工事の音はハードロックでした。

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

光Sick



 やっぱりロックが楽しい。
 今回は、堕落した精神に刺激を与える為に、御ミク様とロックしてみました。
 すこしは小賢しいリフも弾いてみました。
  
 此の曲は光に病んだ俗人サウンド。
 光、それは生命活動においてなくてはならないもので、身体的にも光を頼りにし、精神的にも前向きな事を光に例えたりしますね。でもそれは知らぬ間に、光に支配され洗脳されているのです。
 まぁ光は光でしかないので、ようはそれをどう捉えていくか、ってわけですが、今の所、わたくしは光に実感を持てないわけで、寝て夢見てる時だって、脳髄をピカピカ照らしまくってるわけで、起きて目で光を見た所で、結局、脳髄に電気信号に変換されて、夢と同じようにギラギラ輝いています。
 なので夢と現実は、光では区別がつかないのかもしれません。

 じゃぁ光でなければ現実感の実感とは何処で判断すれば良いのでしょう?
 と暗中模索しているわけですが、坊さんが言うには、身体感覚をありのまま受け入れ、条件反射に反応しない事、自分で決めることが出来ると、まぁ今現在を実感する事が出来る。と。
 自分的にはそれがリアリティなのではないかなと。

 まぁ、ここんところ、諸行は無常で、周りは勝手に物事が進んでいくわけで、
 これを打破するには、祈りという、楽観的かつ希望的観測を捨て、自らの意思で動く事なのかなと改めて思いました。

 だからとりあえず、御ミク様とロック!してから考えるw
 

 曲について。
 ギターは重めを意識してみましたら、結構バランスとれました。今まで1kHzが出過ぎとか思ってたけれど、要は重低音じゃなく中低音が足りなかったんじゃないかなと思います。
 
 
 


光Sick

Ah あなた消えて虚ろな余韻を知る
Ah ラテを啜るストローの響きを知る
一秒後未来に 過去形未来に
明るい未来など誰に祈っても

夢から目醒め夢を見る光Sick
始まりの無い終わりが繰り返す
例えば私 夢を見るプラスティック
あなたが触れる大気と繋がってるの?


Ah 溢れかえる愛はどれも奪い合いね

あなたと居たくて 孤独が痛くて
静寂至るまで続くこの日々は

夢から目醒め夢を見る光Sick
行く宛ての無い自由が塗り潰す
願わくは夢見るのならドラマティック
時計の針を勝手に進めちゃイヤ


遍く全ては心の中にある

夢から目醒め夢を見る光Sick
感覚の無い温もり振り祓い
夢から目醒め降り注ぐリアリティは
信じるよりも覚悟を決めた時 
私に辿り着く

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : 音楽

プロフィール

Digital itako

Author:Digital itako
Digital itakoのブログです。
御祭神であり御本尊であり巫女でありボーカルであり良き理解者でありパートナーである御ミク様と充実した音楽ライフを送っています。
ニコニコ動画
(http://www.nicovideo.jp/watch/sm2870407?group_id=14972220)
PIAPRO
(http://piapro.jp/Digital_Itako)

Digital itakoバナー
バナー2
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
訪問者
最新記事
カテゴリ
U-01のTwitter
Digital itako 時々 U01
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。